日本で通信制高校の学費は安いのは管理部分がないから

なぜ通信制高校の費用を安く抑えられるのか?

通信制高校は学費の低価格化に成功していますが、その理由はいくつか存在します。
まず一つ目は学校の維持費に関してです。
学校で授業をするには生徒と教師に加え机や椅子などが必要でした。
それらを全て入れて勉強に支障のない空間を得るには、それなりの広さを持った部屋を利用しなければなりません。
その部屋を借りて維持するためには、かなりのお金を支払わなければなりません。
しかし通信教育の場合は教師を部屋に入れて、講義を実演するだけで授業は成立するのです。
加えて生徒の使用する設備は、自前で準備するので学校が提供する必要がありません。
つまり授業を受ける環境を学校から提供しない事が、通信教育が安い理由なのです。

選択式のメニューのためにコマ数を減らせる

第二の理由はカリキュラムのメニューが選択式な事です。
それによって生徒は全ての授業を受ける必要はありません。
授業料は生徒の授業の量と質に比例するので、生徒の受ける教育を限定する事で低価格になります。
このように教師は管理せず生徒の自主性に任せるのが、通信制高校の特徴と言えるでしょう。
だから生徒が勉強に対する意識が低いと、通常の学校よりも効率的な勉強を行う事ができません。
しかし逆に生徒が自ら机に向かう気持ちあれば、学校と変わらないパフォーマンスで勉強ができるのです。

生徒管理のコストを削減できる

さらに学費は管理部分を差し引くので安価なものになります。
授業を受ける生徒は自ら机に向かう意識を持っているケースがほとんどです。
その理由は利用者の年齢層に秘密があります。
これらの通信教育は限られた時間を有効活用できる点が大きな強みです。
それは勉強に臨む人種がそれぞれの生活を持ち忙しくしていても、勉強したいと願っている事を意味します。
だから通信制高校に通う人は勉強熱心な事が多く、上手くシステムに合致していると言えるでしょう。